スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ノーマン・マクラレンについて
ノーマン・マクラレンについて

          東京工芸大学芸術学部アニメーション学科 准教授・権藤俊司著

NFBが産んだ実験映画の巨匠ノーマン・マクラレン(1914?87、Norman McLaren)。

人間をコマ撮りするピクシレーション(『隣人』)やカメラレスアニメーション(『色彩幻想』『線と色の即興詩』)など、彼によって開発された技術は数え切れない。それらは単なる手段ではなく、むしろ目的そのもの――新しい映像表現への飽くなき追求――だった。

だが、「実験映画作家」の堅苦しいイメージはマクラレンには無縁である。
マクラレンにとって映画は「ダンスの一形態」だった。晩年の『パ・ド・ドゥ』や『ナルシス』のように直接バレエに題材を取った作品だけではない。抽象パターン(『色彩幻想』『点』)や文字(『算数あそび』)でさえも、マクラレンの手にかかれば生き生きとした振り付けで踊り出す。

なぜダンスなのか?
一つは音楽との結びつきである。マクラレンは1920?30年代のヨーロッパで発展した実験アニメーション(オスカー・フィッシンガー、アレクサンドル・アレクセイエフ)を受け継ぎ、音楽構造に映像のモデルを求めた。「私の作品の半数は音楽のスピリットを表現した」と彼は回想している。重要なことは物語性ではなく、音と映像の関係性だった。
もう一つはダンスの持つ運動性である。アニメーション(=命を吹き込むこと)の語源通り、あらゆる物が動きを与えられ、人格を獲得する。「動きこそが映画の本質である」とマクラレンは考え、彼の全作品はそこに集約される。


補記:マクラレンの1933年?85年までの作品(82本の映画、53本の実験映像)が、ユネスコの三大遺産事業の一つである「世界の記憶(Memory of the World)」に登録されました(2009年7月31日、ユネスコ発表)。

(第10回カナダ・アニメーション・フェスティバル、カナダ国立映画制作庁創立70周年 記念パンフレットより)

copyright@Canada Animation Festival (CAF). All rights reserved.
スポンサーサイト

テーマ:映像・アニメーション - ジャンル:学問・文化・芸術

[2009/12/07 00:55] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。