スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
NFBプロデューサー・ティーチイン 出演者の紹介
NFBプロデューサー・ティーチイン 「プロデュース力とは」NFBの企画開発力と国際共同制作力 
出演者を紹介します。

<<ゲストの紹介>>

マーシー・ページ(Marcy Page)
マーシーの写真


ページは、30年近く、アニメーションへの興味を追い求めてきた。
カナダ国立映画制作庁(略称NFB)入庁前は、アニメーション作家として活躍し、監督作品の『Paradisia』は15以上の国際賞を受賞した。また、十以上のスタジオでアニメーションの制作に携わり、サンフランシスコ州立大学とカリフォルニア美術工芸大学のアニメーションコースで教鞭を執った。

1990年にNFBに入庁すると、コンピュータ技術と芸術性の融合の道をリードしてきた。
アカデミー(R)賞短編アニメーション賞を受賞した、3DCGアニメーションの『Ryan』(監督 Chris Landreth/2004年)、IMAX SANDDE(TM)(立体アニメーション・ドローイング装置)技術を用いた立体アニメーションの『Falling in Love Again』(監督 Munro Ferguson/2003年)、『Moon Man』(監督 Paul Morstad/2004年)など、先端技術を用いた作品をプロデュースした。
その一方で、ポール・ドリエッセン監督のスプリット・スクリーン手法(画面を複数に分割させた手描きアニメーション)の『The End of the World in Four Seasons』(1995年)や『The Boy Who Saw the Iceberg』(2000年)もプロデュースした。

これまでに制作および共同制作してきた監督は、世界的に著名なポール・ドリエッセン(Paul Driessen)、ジャネット・パールマン(Janet Perlman)、ジョン・ウェルドン(John Weldon)、クリストファー・ヒントン(Christopher Hinton)、ゲール・トーマス(Gayle Thomas)、シェルドン・コーエン(Sheldon Cohen)、そしてクリス・ランドレス(Chris Landreth)、クレイグ・ウェルチ(Craig Welch)、トーリル・コーヴェ(Torill Kove)、ブライアン・ドゥフシェラー(Brian Duchscherer)、マンロ・ファーガソン( Munro Ferguson)など。
とりわけ評価の高い数十本のプロデュース作品で、200以上の国際賞を受賞した。
これからもページは、メディアの限界に挑むような、さまざまな要素を含む、普通でないアニメーションをプロデュースし続けたいとする。

ページがプロデュースした短編アニメーションには、
 『Flux』(監督 Christopher Hinton/2002年)
 『How Wings are Attached to the Backs of Angels』(監督 Craig Welch/1996年)
 『Welcome to Kentucky』(監督 Craig Welch/2004年)
 『The Hungry Squid』(監督 John Weldon/2002年)
 『Snow Cat』(監督 Sheldon Cohen/1998年)
 『I Want a Dog』(監督 Sheldon Cohen/2004年)
 『Glasses』(監督 Brian Duchscherer/2001年)
 アカデミー(R)賞受賞『The Danish Poet』(監督 Torill Kove/2006年)
 アカデミー(R)賞ノミネート『My Grandmother Ironed the King's Shirts』(監督 Torill Kove/1999年)
などがある。
また、『Bully Dance』(監督 Janet Perlman/2000年)や『Elbow Room』(監督 Diane Obomsawin/2002年)などの、紛争解決をテーマとした「ShowPeace」コレクション制作の主要メンバーであった。



<<ゲストの紹介>>

エレーヌ・タンゲ(Hélène Tanguay)
エレーヌの写真

カナダ・モントリオール出身。1970年に、カナダ国立映画制作庁(略称NFB)入庁
当初、タンゲは全ジャンルの映画に携わったが、間もなくアニメーションに対する生涯変わらぬ情熱を感じるようになる。
そして37年以上、アニメーションの芸術形態を擁護し、カナダのみならず外国のアニメーション界と特別なきずなを築いてきた。

1979年、ASIFA(国際アニメーションフィルム協会)カナダ支部の理事に任命され、以後13年に渡り、新会員の任命、データベースの作成、内外のアニメーション組織との関係強化など、数々の職務を担った。
また、ASIFAカナダ支部の機関誌の編集長として、英仏語のアニメーション用語集の編さんや数多くのイベントの運営支援をおこなった。さらに、ASIFAの国際理事会の代表を6年間務めた。

ポルトガルのCinanima Animation Festival(1991年)、広島国際アニメーション・フェスティバル(1992年)など、さまざまな国際映画祭の審査員を務めてきた。
1998年には、アヌシー国際アニメーション・フェスティバルのプリセレクション審査員を務め、2008年のアヌシーで本審査の審査員を務めた。
2007年のオタワ国際アニメーション・フェスティバルでは名誉会長を拝命した。

1994年から2007年まで、NFBアニメーション・スタジオ英語部門が制作するアニメーション映画のマーケティング責任者を務めた。
2007年8月にNFBを定年で退任し、現在フリーランスとして活躍中。
スポンサーサイト

テーマ:映像・アニメーション - ジャンル:学問・文化・芸術

[2009/07/14 12:06] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<CAF TOPICS トップ | ホーム | 国際シンポジウム「日本とカナダのプロデュース力」 出演者の紹介>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://caf10.blog66.fc2.com/tb.php/15-cee52ce3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。