スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
CAF in 京都 内容案内

平成21年度文化庁支援事業
「日本とカナダのプロデュース力」を考える日加国際交流事業

カナダ・アニメーション・フェスティバル in 京都(CAF in 京都)

CAFと京都国際マンガミュージアムの共同開催で、Kyoto Cross Media Experience (Kyoto CMEX)の一環として、NFB作品の特集上映やトークショーをおこないます。

-----------------------------------------------

開催日時: 2009年9月25日(金)?27日(日)

会 場: 京都国際マンガミュージアム 多目的映像ホール

(京都府京都市中京区烏丸通御池上ル)

料 金:特集上映とトークショー:参加無料

(ただし、京都国際マンガミュージアムの入場料は必要です)

-----------------------------------------------
内容:
 NFBアニメーション特集上映/9月25日(金)?27日(日)

アカデミー®賞受賞作家から新進作家まで、「CAF10−NFBアニメーション特集上映」のNFB名作&最新作30本を一挙上映します。

<タイムテーブル> 

       
 

 

開始時刻

上映プログラム

上映所要時間

9/25(金)

17:00?

Program A

68分

18:30?

Program B

52分

9/26(土)

10:30?

Program C

51分

12:30?

Program D

62分

14:00?

トークショー 1時間半予定

16:00?

Program E

51分

17:00?

Program A

68分

18:30?

Program B

52分

9/27(日)

10:30?

Program A

68分

12:30?

Program B

52分

16:00?

Program C

51分

17:00?

Program D

62分

18:30?

Program E

51分

 
       
 <上映プログラム> 

Program A マーケッター タンゲ セレクション (67分)
NFBのマーケティング担当として、37年間アートアニメーションを見続けたエレーヌ・タンゲ。“世界で最も詳しい一人”が選んだ特集。

Program B NFB最新作集 vol.1
アカデミー®賞のランドレス監督、マクラレンの後継者の一人サザランド監督らの新作登場。カナダ・アニメーションの新局面が明かされる。

Program C NFB最新作集 vol.2
アヌシー2009審査員特別賞『大暴走列車』初公開。名匠シュヴィツゲベル監督から、有望な若手まで、多彩なラインアップ。

Program D ベストオブCAF by トリウッド
過去9回のCAF上映作品から厳選した特集。アカデミー賞®初ノミネートのCG作品、パテル監督の問題作、名作童話のアニメーションなど。

Program E 子どもと楽しむアニメーション
技法は、手描きアニメーションから、切り紙、人形、ビーズを使った名人技まで、子供が見て楽しめる作品のプログラム。

-----------------------------------------------
トークショー/9月26日(土) 午後2時?3時半
70年続くアニメーション拠点・カナダ国立映画制作庁の魅力
元NFBアニメーション担当マーケティングマネージャーのエレーヌ・タンゲ氏、アニメーション作家の米正万也氏、CAF事務局の伊藤裕美氏とのトークショーで、カナダのアニメーション制作や、日本とカナダの短編アニメーションの魅力をお話しします。

ゲストのプロフィールこちら。
http://caf10.blog66.fc2.com/blog-entry-26.html
コーディネーター:應矢泰紀(京都国際マンガミュージアム研究員)

-----------------------------------------------

主 催:カナダ・アニメーション・フェスティバル事務局、京都国際マンガミュージアム
共 催:カナダ国立映画制作庁、カナダ大使館

スポンサーサイト

テーマ:映像・アニメーション - ジャンル:学問・文化・芸術

[2009/09/04 14:23] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<山村浩二さんのメッセージ | ホーム | カナダ・アニメーション・フェスティバル in 京都 出演者の紹介>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://caf10.blog66.fc2.com/tb.php/18-34c5299e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。