スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
国際シンポジウム「日本とカナダのプロデュース力」 当日の予定
国際シンポジウム「日本とカナダのプロデュース力」 
当日の予定


シンポジウム 開演 午後2時
  特別上映 『色彩幻想-過去のつまらぬ気がかり(Begone Dull Care)
         (ノーマン・マクラレン監督、音楽 オスカー・ピーターソン、1949年)
        ■カナダ大使館内のシアターは、カナダの名ジャズピアニスト、
         オスカー・ピーターソン氏にちなみ、2007年3月31日に命名されました。
         惜しくも、同年12月23日にピーターソン氏は死去され、二度とその名演奏を
         オスカー・ピーターソンシアターで聴くことはできません。
         ダイナミックな演奏と流麗なアドリブから、「鍵盤の皇帝」という異名を取った
         ピーターソン氏はノーマン・マクラレンの作品で演奏しています。
         カナダで結ばれた、アニメーションとジャズピアノの巨匠の競演をお楽しみください。

  パート1 午後2時15分頃? 
   オープニングスピーチ「By and With NFB ?30年の夢の実現?」
     山村浩二氏(アニメーション作家)
    ■NFBと、新作の短編アニメーションを国際共同制作中の山村氏。
     日本人作家初の快挙です。
     来年の完成を目指して、制作まっ最中の中、このシンポジウムに登場されます。
     山村氏が、高校生の頃から、30年抱きつつけた夢が、ついに実現するのです。
     特別寄稿「By and With NFB ? 30年の夢の実現 ?
     新作の一部映像を特別上映する予定です。

   ゲストスピーチ:カナダ国立映画制作庁(NFB)の企画開発の紹介
     マーシー・ページ
     エレーヌ・タンゲ
    ■NFBの現役プロデューサーのペイジ氏。
     37年間NFBで務めあげた、アニメーション担当マーケティングマネージャーのタンゲ氏。
     二人が関わった数々の名作アニメーションを例に、NFBにおける企画開発や若手発掘を
     語っていただきます。
     オスカー受賞作『デンマークの詩人』(トーリル・コーヴェ監督)と
     『ライアン』(クリス・ランドレス監督、抜粋)を特別上映します。お楽しみに!

  パート2 前半 午後3時35分頃?
   基調報告「日本の国際共同制作の環境」
     西村隆氏(財団法人日本映像国際振興協会(ユニジャパン) 事務局長)
    ■日本映画の海外振興に努めるユニジャパン。
     若手プロデューサーが国際共同制作に進む手助けをする、J-Pitch、
     日英語の日本映画データベースなど、”使える”支援を充実しています。
     「アニメーションへの支援も高めたい」と語る、西村氏。
     自ら映画プロデューサーである氏が、抱負な海外経験を元に指揮を執る
     国際共同制作を振興する取り組みを語ります。

   <休憩 午後4時5分?4時30分>

  パート2 後半 午後4時30?
    座談会「アニメーションの国際共同制作」
     塩田周三氏(株式会社ポリゴン・ピクチャーズ 
                  代表取締役/CEO エグゼキュティブプロデューサー)
     マーシー・ページ
     エレーヌ・タンゲ
     コーディネーター:伊藤裕美(CAF事務局)
    ■山村浩二監督の国際共同制作の日本側プロデューサーの塩田氏。
     ポリゴン・ピクチュアズでは、
     多様なメディアでさまざま商業作品を制作しており、海外展開にも積極的です。
     非商業、インディペンデントの短編アニメーションの世界で腕を振るうページ氏と
     タンゲ氏との間に共通のポイントはあるのか?
     海外では、国際共同制作が増えています。それは、アニメーション、短編でも例外なく。
     その理由は?
     どのような特徴をもつ国々が、NFBのパートナーになっているのか?
     カナダには、日本にはない様々な制度支援もあります。
     監督、プロデューサーはそれに守られることも多いのです。
     ただ、国際共同制作が増える理由はそれだけではないようです。
     一方日本で、国際共同制作が増えているといっても、実写でやっと二桁に乗る程度。
     アニメーションや短編に至っては、ほとんど例がありません。それは何故か?
     日本の監督やプロデューサーを取り巻く、国際共同制作への障壁を整理しながら、
     日本とカナダ、それぞれの「プロデュース力」を、国際共同制作の取り組みを、
     現場を知り抜いたプロの目線で語っていただきます!

   <休憩 午後6時?6時10分>

  パート3 午後6時10分頃?
    座談会「日本の若手アニメーション作家の可能性」
     青木純氏(映像作家、株式会社スペースネコカンパニー 代表取締役)
     森下征治氏(プロデューサー、株式会社TANGE FILMS)
     丹羽直樹氏(アートディレクター、株式会社TANGE FILMS)
     マーシー・ページ
     エレーヌ・タンゲ
     コーディネーター:伊藤裕美(CAF事務局)
    ■学生時代からそれぞれに頭角を現し、卒業後は独立スタジオをいう道を歩み始めた、
     TANGE FILMSの森下氏と丹羽氏、そしてスペースネコカンパニーの青木氏。
     得意とする映像表現に違いはありますが、世界を見る目線に熱いものを感じる三方です。
     何十、何百という若い才能サポートしてきたページ氏とタンゲ氏から見る、
     日本で人気の若手の国際的実力とはいかに?
     有力なパートナーと出会えるチャンスのある国際映画祭の活用術なども、
     カナダのゲストから聞かれることでしょう。
     人材育成が叫ばれる昨今の日本。
     オスカー受賞プロデューサーと対等に語る若手の姿に、明るい未来を感じてください。

  シンポジウム終了予定 午後7時

  懇親会 午後7時?8時30分

※シンポジウムと懇親会ともに、事前申込・招待制です。
※当日の予定、出演者などは予告なく変更されることがあります。
※シンポジウムの途中で入退場できます。
※シンポジウム開演中のビデオ撮影はご遠慮ください。

今なぜ、NFBのプロデュース力なのか? 
人気オンラインマガジン アニメ!アニメ!の数土編集長が語る、隠れたアニメーション大国カナダ 成功を生みだしたクリエイティブ支援
FC2 Management

テーマ:映像・アニメーション - ジャンル:学問・文化・芸術

[2009/09/04 01:34] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<特別寄稿:隠れたアニメーション大国カナダ 成功を生みだしたクリエイティブ支援 | ホーム | CAF10@トリウッド 前売券発売開始!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://caf10.blog66.fc2.com/tb.php/23-9168c035
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。