スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
エレーヌ・タンゲ 略歴
<<ゲストの紹介>>

エレーヌ・タンゲ(Hélène Tanguay)
エレーヌの写真

カナダ・モントリオール出身。1970年に、カナダ国立映画制作庁(略称NFB)入庁
当初、タンゲは全ジャンルの映画に携わったが、間もなくアニメーションに対する生涯変わらぬ情熱を感じるようになる。
そして37年以上、アニメーションの芸術形態を擁護し、カナダのみならず外国のアニメーション界と特別なきずなを築いてきた。

1979年、ASIFA(国際アニメーションフィルム協会)カナダ支部の理事に任命され、以後13年に渡り、新会員の任命、データベースの作成、内外のアニメーション組織との関係強化など、数々の職務を担った。
また、ASIFAカナダ支部の機関誌の編集長として、英仏語のアニメーション用語集の編さんや数多くのイベントの運営支援をおこなった。さらに、ASIFAの国際理事会の代表を6年間務めた。

ポルトガルのCinanima Animation Festival(1991年)、広島国際アニメーション・フェスティバル(1992年)など、さまざまな国際映画祭の審査員を務めてきた。
1998年には、アヌシー国際アニメーション・フェスティバルのプリセレクション審査員を務め、2008年のアヌシーで本審査の審査員を務めた。
2007年のオタワ国際アニメーション・フェスティバルでは名誉会長を拝命した。

1994年から2007年まで、NFBのイングリッシュアニメーション・スタジオが制作するアニメーション映画のマーケティング責任者を務めた。2007年8月にNFBを定年で退任。
スポンサーサイト
[2009/07/15 12:35] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<NFBのアニメーションスタジオのついて | ホーム | CAF10 開催決定>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://caf10.blog66.fc2.com/tb.php/3-98ebbc08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。