スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
作家紹介 ゲイル・トーマス
ゲイル・トーマス Gayle Thomas
1962年?63年、製図技師として働きながら、モントリオールの技術大学の夜間コースでデザインを学ぶ。
コンコルディア大学の昼間部に編入し絵画と美術教育を習得、68年卒業。
大学でNFB作品が定期的に上映され、多くのアニメーションを見る機会に恵まれた。
ノーマン・マクラレンの作品に感銘を受け、映画の道へ進む決心をする。
欧州を1年ほど旅してモントリオールに戻り、独立系の映画制作会社に勤めた。
70年、NFBに入庁、『Evolution』でマイケル・ミルズ監督のアシスタントを務めた。
74年に初監督作品『Snow(雪)』を完成させた。
アシスタントアニメーター、バックグラウンドアーティスト、プロジェクト・コーディネーター、そして自身の作品のアニメーションと演出を務めた。
作品テーマは、子どもや弱者に対する詩や物語。
スクラッチ板を用いた黒と白の動画『A Sufi Tale(スーフィーの物語)』(80年)は、ペルシャの寓話をアニメーション化し、欧米の映画祭で受賞に輝いた。
プロデューサーとしても活躍、『The Boy and the Snow Goose(少年とハクガン)』(84年)は、少年と傷ついたハクガンとの間に芽生えた友情を描き、ACTRA最優秀子ども映画賞、ロサンゼルス国際子ども映画・テレビ番組祭の最優秀短編アニメーション賞などを受賞。
90年にトーマスが共同プロデュースし、アニメーションと演出をした『The Phoenix(フェニックス)』は、不死鳥伝説とジルヴィア・タウンゼント・ウォーナーの翻案した社会風刺。

■CAF上映:スーフィーの物語(プログラムA

■CAF歴:少年とハクガン(03年上映)

■制作クレジット:NFB公式サイト
スポンサーサイト

テーマ:映像・アニメーション - ジャンル:学問・文化・芸術

[2009/09/17 11:47] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<作家紹介 ティルビー&フォービス | ホーム | 作家紹介 リチャード・コンディ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://caf10.blog66.fc2.com/tb.php/38-b6d6011b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。