スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
作家紹介 ジョルジュ・シュヴィツゲベル
ジョルジュ・シュヴィツゲベル Georges Schwizgebel
1944年、スイス・ベルン州Reconvilier生まれ。
シュヴィツゲベルは、現代アニメーションの名匠の一人。
これまでに16本の短編作品でカンヌ、アヌシー、ザグレブ、広島、シュトゥットガルト、オタワ、エスピンホなど世界有数の映画祭の栄誉を受けてきた。
『78 Tours(78回転)』(85年)と『La Course a l'abime(破滅への歩み)』(92年)は、06年にアヌシー国際アニメーション・フェスティバルが発表した「アニメーション映画に影響を及ぼした100本」に選ばれた。
L'Homme sans ombre(影のない男)』(04年)は、シュヴィツゲベルがNFBと初めて合作した作品で、17の国際賞に輝いた。
『Perspectives(遠近法)』(75年)と『Hors-jeu(オフサイド)』(77年)でシュヴィツゲベルは初めてロトスコープを用いたが、後にそのソフトウェアを幾何学形状の繰り返しと色のアニメーションがやりやすいソフトウェアと交換して、『Fugue(フーガ)』(98年)と『La Jeune fille et les nuages(少女と雲)』(2000年)を完成させた。
最新作『Retouches(リタッチ)』(08年)はNFBと合作した2本目。

■CAF上映:リタッチ(プログラムC)

■制作クレジット:NFB公式サイト

■NFB制作のリーフレット
リタッチ 1

リタッチ 2
スポンサーサイト

テーマ:映像・アニメーション - ジャンル:学問・文化・芸術

[2009/09/17 15:49] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<作家紹介 ジャンフランソワ・レヴェスク | ホーム | 作家紹介 ラヴィス&シェバウスキ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://caf10.blog66.fc2.com/tb.php/48-26d5b300
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。